Huawei 発表

ファーウェイ(Huawei) Mate 20 発表:日本での公式販売に期待するが、価格設定がどうなるかに期待。Kirin 980、トリプルレンズ・カメラとモノは悪くないが、少々高すぎるのでは・・・

Mate 20について発表後の感想をまとめたいと思う (発表からかなりの時間が経っていて申し訳ないです)。

Mate 20は Mate 20 Proの「若干スペックを落とした版」ではあるけれど、処理能力はKirin980を載せているためアンドロイド・スマホとしては現時点では最高の処理能力をもっており、十分にパワフルなスマホといえる。

今回はMate 20 Proとの違いについてもできる限り把握できるような内容にしたい。

アイキャッチ画像、記事内画像はHuawei公式サイトよりスクリーンキャプチャ:https://consumer.huawei.com/en/phones/mate20/

 

主なスペック & 価格 (個人輸入)

チップ Kirin 980
RAM 4/6 GB
容量 128GB
画面 IPS LCD 6.53インチ
解像度: フルHD+
2244 x 1080 (381ppi)
18.7:9 (アスペクト比)
88.0% (スクリーン対ボディ比)
HDR10
カメラ 背面:
広角 1600万画素 F2.2
標準 1200万画素 F1.8
望遠   800万画素 F2.4インカメラ:
標準 2400万画素 F2.0
バッテリー 4000 mAh
OS 9.0 パイ
その他 イヤホンジャック
IP53
Nano Memory (NM)
価格
(個人輸入)
イートレン
RAM6GB/128GB → 8.6万円
エクスパンシス
RAM6GB/128GB → 8.8万円

 

カメラ

 

広角 1600万画素 F2.2 
標準 1200万画素 F1.8 
望遠  800万画素 F2.4

カメラ Mate 20 Pro Mate 20
広角 2000万画素 F2.2 1600万画素 F2.2
標準 4000万画素 F1.8 1200万画素 F1.8
望遠 800万画素 F2.4
(光学3倍ズーム)
 800万画素 F2.4
(光学2倍ズーム)

 

Proと比較すると、画素数でかなりの差が見られるけれど、「画素数 = 良い画質」という訳ではない。一応Mate 20 Proは「ピクセル・ビニング」という技術を使ってMate 20 Proの画質を向上させているため、超高画素化しているだけである。

Mate 20はピクセル・ビニングの技術を使っていないそうである。(ピクセル・ビニングについて)

望遠はMate 20 Proが光学3倍ズーム、Mate 20が光学2倍ズームと、Proの方がズームは優れている。もしズーム性能を重要視しているのであればProを買うべきだといえる。

 

夜間モード (ナイトモード)

Mate 20にも夜間モードがある。私がかなり気に入っているモードの1つで、これは「実際の見た目とは少し違うけれど、アートチックな表現」をしてくれる。

このモードをONにして写真を撮るとかなり芸術的でキレイな画が撮れる。

 

広角・標準・望遠 → 便利

Mate 20 Pro同様にトリプル・レンズなので、あらゆる条件に対応が可能。特に「広角レンズ」に関しては「望遠レンズよりも便利」だと思っており、このレンズがあると本当に色々な場面で役に立つ。

これら3つのレンズがあれば、ほぼすべての条件で必要な画角を使い分けられるので、現時点ではこれが最も使い勝手の良い構成だといえる。

ただ、Mate 20 とMate 20 Proとでは「どれほどの差」があるのかは現時点ではわからない。両方とも「ライカ製レンズ」を採用しているので「大きな差」はないと思われる。

 

処理能力

Kirin 980 & 4〜6GB RAM

Mate 20 Proと同じ「Kirin 980」という現時点ではアンドロイド・スマホの中で最高のチップを積んでいる。なので処理能力はMate 20 Proとほぼ同じといえる。

Mate 20の最大の魅力の1つといえるのがこのチップで「以前のP20 Proまでに搭載されていた Kirin 970」と「Mate 20のKirin 980」の性能差は格段に違う。

Kirin 980は2018年のアンドロイド・フラッグシップ機に搭載されている「スナップドラゴン845」よりも「ずっと性能が高い」

2018年チップの性能の序列

A12 Bionic (iPhone XS) >>> Kirin 980 >>> スナップドラゴン 845 >>> Kirin 970

Mate 20 Proでは少し詳しく書いたけれど、NPUというAIチップが2つセットされているのでこれにより、CPU・GPUの性能アップ、電力効率をアップに役立っている。

 

バッテリー

4000 mAh

Mate 20 Proは4200mAhなので、それよりも200mAhだけ少ない。これはあまり気にする差ではないといえるし、4000mAhもあるのでバッテリーは十分だといえる。

ファーウェイのバッテリー・マネジメントはかなり良く、長持ちする方なのでバッテリーに関して全く心配はいらない

ディスプレイが6.53インチと大画面でLCDなので、Mate 20 Proよりはバッテリーの消耗は早いであろうと予想できるが、普通に使う分には1日は余裕で持つと思われる。

 

急速充電 & ワイヤレス充電不可

30分 → 58%

ファーウェイは急速充電でも評判が良く、Mate 20は「スーパーチャージ」に対応している。急速充電は「4.5V 5A」で最大22.5ワット出力。これは付属の充電器とケーブルでの数値なので改めて買い足す必要はない。

Mate 20 Proは「最大40ワット出力」ともう1つ性能が上の充電器が付属しているけれど、これはMate 20には付属しない。

残念ながらワイヤレス充電には対応していない。正直これにはがっかりしている。確かに、Proとの性能差を出したいのかもしれないが、このスマホが8.6万円という価格であれば、ワイヤレス充電くらいついていて「当然」の価格といえる。それ故に残念だと思う。

 

ディスプレイ

IPS LCD 6.53インチ フルHD+

解像度 2244 x 1080 (381ppi)

パネルはRGBWを採用しているので、従来のLCDパネルよりも省エネかつ画質も向上していると思われる。「RGBW (Red 赤,Green 緑,Blue 青,White 白)」という意味で、従来はRGBのみであったのを白(W)を混ぜることにより「効率よく明るく」することが可能といわれている。

Mate 20 ProはLCDパネルではなく、OLED(有機EL)パネルを使用しているので、より発色が良く、黒の濃淡を出すことができる。

 

88.0% スクリーン対ボディ比

Dewdrop(デュードロップ)というデザインを採用し、ノッチを最小限に留めたデザインにしている。そのためもあってか88.0%と素晴らしい数値を出している。

ちなみにMate 20 Proは87.9%なので、Mate 20の方が僅かに勝っている。

 

 

スピーカー

ステレオ・スピーカー

スピーカーはステレオ・スピーカーで、底面と受話口から音が出る。Mate 20 Proは「スピーカー・グリルがない」けれど、Mate 20は従来通りのデザインなので、グリルがある。

 

OS

EMUI 9.0 (9.0 パイ)

最新の9.0 パイなので、これは良い点。ただ、ファーウェイの「EMUI」は「好き嫌いの別れるOS」なので誰にでもオススメできるOSではない。

特に、純アンドロイド派にはあまり評判が良くない。

 

その他

イヤホン・ジャック あり、防塵防水 IP53

イヤホンジャックがまだ残されている。Mate 20をフラッグシップと呼べるかはわからないけれど、もしそうだとすれば、イヤホンジャックが残された数少ない希少なスマホといえる。Mate 20 Proにイヤホンジャックはない。

防塵防水はIP53ということで「防滴」程度を思えば良いと思う。Mate 20 ProはIP68と最高クラスの防塵防水なので、このあたりはダウングレードされているし、今までもMate 10シリーズやP20シリーズでもProシリーズとはIP規格の数値には格差が設けられており、同様のことが行われている。

少なくとも、OnePlusのようにIP規格が全く適応されていないスマホよりも、IP53という規格を少なくともクリアーしている点は評価しておきたい。

 

ワイヤレス充電 なし

Mate 20 Proがワイヤレス充電に対応し、それと差別化をするためにこの機能を省いたのかもしれないが、8.6万円する価格としては納得がいかない。ここまでの価格でワイヤレス充電がないのはやっぱり頂けない。

 

NM (ナノ・メモリー) カード

micro SDカードの代わりとして、外部メモリーとしてファーウェイが独自で規格したメモリーカード。正直これがいくら程になるのかが気になるが、おそらくmicro SDほど安くなることはないと考えられる。

 

背面指紋認証、顔認証ロック解除

指紋認証ボタンは背面にある。Mate 20 Proは画面内指紋認証。「新鮮さには欠ける」けれど、精度ではまだまだ物理ボタンのほうが上なので、実用面ではMate 20の方が使い勝手が良いかもしれない。

顔認証は2D認証で、インカメを使ったロック解除。これもMate 20 Proの3Dロック解除と比べると「セキュリティー面」で劣るといわれている。

 

 

価格 (個人輸入)

8.6万円 (イートレン)
8.8万円 (エクスパンシス)

*エクスパンシスは 「8.4万円 + 消費税 = 約8.8万円」

現時点では日本での公式価格が不明なため、個人輸入の価格で考えたいと思う。Mate 20 Proの個人輸入価格 (約12.8万円)があまりにも高すぎるため、それと見比べると8.6万円 (イートレン)は「安く」感じてしまう

けれど、Mate 20単体で見た場合は決して8.6万円が「お手頃」などとは思えない。なぜなら、この8万円台後半というのは立派なフラッグシップ価格であるといえる。

ちなみに、3ヶ月前に発表されたギャラクシー Note9は今、8.7万円(イートレン)なのでMate 20と「同価格帯」といえる。

Mate 20の価格は正直なところ高すぎると思う。せめて7万円台であるべきだといえる。ただ、ファーウェイのスマホの場合、日本での公式価格は「なぜかいつも安く売られている」のでもしかすると日本ではまた安く売ってくるかもしれない。

あともう一つ付け加えると、ファーウェイの端末はある程度時間が経つ(具体的には半年ほど)と、ある程度値下がりする。例えば、P20 Proは当初10万3680円 (ドコモ:一括払い)であった。それが、今は中古スマホで有名な「じゃんぱら」の未使用品でなんと6万7800円である。

なので、Mate 20 も(Mate 20 Proも含め)それなりに価格が下がってくるのではと予想している。

現時点ではKirin 980を搭載していて、トリプル・レンズ・カメラ搭載でも、ライバルのNote 9が8.7万円という状況では、さすがにMate 20をオススメできるほどコスパが高いとは到底思えない

 

エクスパンシス公式サイト
イートレン公式サイト

 

エクスパンシス




 

まとめ

Mate 20はMate 20 Proよりも若干スペックを落としてはいるものの、Kirin 980を搭載しており処理能力は現時点ではアンドロイド・スマホ最高で、背面に3カメラを配置し、4000mAhの大容量バッテリーと素晴らしいスペックといえる。

スクリーン対ボディ比も88.0%と驚異的な数値で、イヤホンジャック、IP53(防滴程度)も備えている。特にイヤホンジャックはもうほとんどのフラッグシップ機で廃止されてしまったので、Mate 20がそれを残しているのは非常に有り難いことである。

しかしながら、価格は約8.6万円(イートレン)とコストパフォーマンスに優れているとは到底言えない。日本ではこの価格では発売されないと思うので、日本で公式価格がかなり下げられることを期待したい。

Mate 20をレビューするかは不明だが、Mate 20 Pro同様、注視していきたい端末ではある。

 

関連記事

  1. Asus Zenfone 発表

    ZenFone4 発表: 人気機種 ZenFone3の後継機は“暗雲漂う?“

    ZenFone4が発表されて1ヶ月経ってますが、ZenFone4につい…

  2. LG 発表

    LG G7 ThinQ 発表:国内発売は未定なものの、安定の出来栄えか。カメラ・スピーカーは特筆すべ…

    ようやく「LG G7」が韓国のソウルやニューヨークなどで公式発表された…

  3. Apple iPhone 発表

    iPhone X 発表: これぞフルモデルチェンジ!!

    今回はiPhone Xについての第一印象を。8と8 Plusについては…

  4. Apple iPhone 発表

    iPhone 8 & 8Plus 発表: つまらない外観、凄まじい中身

    AppleがiPhone8、8Plus、そしてX(テン と読む)を発表…

  5. Xiaomi 発表

    Xiaomi(シャオミー) Mi A2 発表:約2.4万円〜個人輸入が可能、OSはアンドロイドone…

    Xiaomi(シャオミー) Mi A2が少し前に発表されたので、今回は…

  6. LG 発表

    LG V30 発表: 要所を締める優秀なファブレット

    LG V30は日本で発売されるかは未定かつ、今までVシリーズが日本で公…

最近の記事

特集記事

  1. ベスト・スマホ:2017年下半期 〜 2018年上半期のスマ…
  2. 3.5万円以下(2018年6月)で買えるコスパ最高の新品スマ…
  3. 必読:私が行っているアンドロイド・スマホ用 セキュリティ対策…
  4. ベスト・スマホ 2017:カテゴリー別に最良のスマホを選出
  1. ベスト・スマホ

    2017年 Simフリー・スマホ (ミッドレンジ)を買うならこの2択しかない
  2. うわさ

    OnePlus 6 のうわさ (リーク画像あり):デザインはまたもやアップルをお…
  3. Xiaomi (シャオミー)

    Poco F1 レビュー:2018年のコスパ最強スマホと断言できる代物、その価格…
  4. Xiaomi 発表

    Xiaomi Mi Mix 2S 発表:最高クラスのスペックにデュアルレンズ・カ…
  5. OnePlus

    OnePlus 5 をレビューするついでに日本で購入するに値するのか考えてみる
PAGE TOP