SONY Xperia 発表

ソニー Xperia XZ2 コンパクト 簡潔な感想:MWCにて発表

本日のデイリーNewsのピックアップは「ソニー Xperia XZ2 コンパクト」。昨日はXZ2について簡単に書いたので今日はコンパクトの方を(もしXZ2に興味のある方は昨日の記事を「ソニー Xperia XZ2 簡潔な感想:MWCにて発表」)。

最近は5インチ以下のフラッグシップ機スマホは希少になってきているので、個人的にはXZ2よりもコンパクトの方が気になっている。早速私の感想とでもいきましょう。

アイキャッチはソニーモバイル公式さいよりスクリーンキャプチャ:https://www.sonymobile.com/global-en/products/phones/xperia-xz2-compact/design/

 

 

ベゼルレス化 & 5インチ・ディスプレイ

ベゼルレス化への第一歩

前機種のXZ1コンパクト(写真・右)は4.6インチのディスプレイ。XZ2コンパクト(写真・左)は5インチに変更「0.4インチしか」変わっていないと思う人もいるだろうが、実際は結構な違いがある。上の写真は「Sony Xperia XZ2 Compact vs XZ1 Compact: What’s new?」のYouTube動画のスクリーンショットで、スマホのボディに対して、ディスプレイの大きさの違いがよくわかると思う(動画は下に載せておきます:英語ですが)。写真で見ると、ほんの少しだけXZ2コンパクトの方が縦長だとわかる。

私はXZ1とXZ1コンパクトが発表されたときに「極太ベゼル」と酷評しまくったのだけれど、ようやくソニーはそれの改善に踏み出したといえる。XZ2コンパクトもベゼルレス化し、スクリーン対ボディ比は73.56%とそこそこ良くなってきている。ただし、もっとベゼルは狭くできると思っている。

XZ2と同様にフロント・ステレオ・スピーカーを採用しているので73.5%に留まっている。もしこのフロント・スピーカーを採用していなければもっとその比率は上げられたのだろうと思う。

**スクリーンキャプチャさせてもらったYouTube動画

 

フルHD+ & HDR ディスプレイを採用

ソニーモバイル公式サイトよりスクリーンキャプチャ:https://www.sonymobile.com/global-en/products/phones/xperia-xz2-compact/display/

ここは素晴らしいと思った。ソニーのコンパクト・シリーズでは初となるフルHD化。前機種のXZ1コンパクトのディスプレイ解像度は(720 x 1280)のHD画質。フルHDの解像度は(1080 x 1920)。XZ2コンパクトはフルHDよりも少し上の(1080 x 2160)のフルHD+(プラス)という解像度。

これはディスプレイにソニーが注力しているのをよく表していて、正直なところ5インチのサイズであれば、フルHDでもフルHD+でもほとんど違いはわからないと思う。それでもフルHD+を採用してきたのは「ソニーはコンパクト・サイズに対しても本気だぞ」という意気込みが見て取れる。

スクリーン比は今後主流になると思われる18:9を採用。昨年からこの18:9の画面がフラッグシップ機ではほとんどで、今後は18:9に対応したアプリや動画が増えてくると予想できるので、これは正しい選択と思う。

ディスプレイもHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)に対応し、よりハイコントラストでキレイな映像が楽しめる。アマゾン・プライム・ビデオやネットフリックスがHDR対応のコンテンツをどんどん増やしているので、それに対応できる形となっている。

フロント・ステレオ・スピーカー

XZ2と同じスピーカーを採用しているので、前機種のXZ1シリーズよりも20%音質が向上している。昨日のXZ2の記事でも書いたけれど、スピーカーの評判が良いHTC U11 PlusやiPhone X、Pixel 2XLとの比較動画が出てくれば非常におもしろいと思う。

十分なバッテリーサイズ:2870mAh

5インチのディスプレイであれば2870mAhのバッテリーサイズは十分といえる。XZ2コンパクトのデザインは“ずんぐりむっくりな体型”なので、そこそこ容量のあるバッテリーを入れるためでもあるのだろうと邪推しています。私はかねてからデザイン性以上に機能性を重視するので、バッテリーサイズが大きいのは歓迎。

カメラにも妥協なし:XZ2と同様のスペック

XZ2と同じカメラの構成なので、昨日書いたXZ2のカメラの内容をコピペしておきます。昨日の記事をお読みのかた次の項目の「チップセットと容量の構成」へ

1900万画素
F2.0
4K HDR 動画撮影
フルHD 960FPS 超スローモーション撮影
電子手ブレ補正 (EIS)
4K HDR動画撮影は気になる!

私が注目しているのは4K HDRの動画撮影。スマホでは世界初なのだそう。どこまで美しい映像が撮影できるのか、楽しみだ。ソニーが用意した公式の動画をどうぞ。

 

 

960FPS 超スローモーション撮影はフルHDに

前機種のXZ1はHD(720P)までだったけれど、XZ2は1080PのフルHDまで画質が上がる。ただし、この画質で撮れるのはHD画質で撮れる時間の半分だけ。どういうことかというと、撮った動画の再生時の3秒間だけフルHDで撮れる。

3Dクリエイターはインカメラでも可能に

3Dクリエイターがどんな内容なのかを知らない人は下の動画を。

 

個人的に使うことのない機能ではあるけれど、インカメラを使って自分の顔を3Dスキャンすることが可能に。XZ1シリーズでは背面のメインカメラのみでしかこの機能は使えなかったので、技術の向上ということでしょう。

本音をいえばあまり実用性には乏しいような気もするけれど、何か他の事に応用できそうな技術だと感じております。例えば、顔認証の更なるセキュリティ向上とかに。

なぜF値2.0なんだ?

ここからは若干の文句を。まず、なぜF2.0のレンズを採用したのかがイマイチよくわからない。もちろんF値だけが全てではないのは理解しているし、写真や動画というのは単純にスペックだけが重要ではないというのもよくわかっている。けれど、サムスンのギャラクシーS9がF1.5に対しXZ2がF2.0というのはなぜだろうと疑問に思ってしまう。F値が0.5も変わるとかなり暗い画になってしまうと思う。

しかも、S9のカメラはたぶんソニー製なハズ。今までずっとそうだったから今年もソニー製なはず。なぜなんだソニー。

なぜ光学式手ブレ補正(OIS)を搭載しないのだ?

XZ2はOISではなく電子式手ぶれ補正(EIS)にのみ対応。XZ1のときもEISだけだったので、非常に残念。もちろん、それでもXZ2の動画手ブレ補正は優秀だと予想できる。その理由は簡単で、XZ1はEISのみにも関わらず動画手ブレは非常に安定していたため。

でも、なぜOISとEISの相乗効果を利用しないのか?なぜだ。。。

チップセットと容量の構成

このトピックも昨日の記事であるXZ2と同様なので、ほぼコピペです。昨日の記事をお読みの方は飛ばして下さい。

スナップドラゴン845 & 4GB RAM

まず、スナップドラゴン845は今年のフラッグシップ機のほぼ全てがこれを採用すると思うので、フラッグシップ機としては当たり前の選択といえる。

ただ、XZ2コンパクトでもちゃんとフラッグシップ用のスナップドラゴン845を採用しているのはソニーがコンパクトをフラッグシップ機として扱っている証拠で、これは正しい選択といえる。それはなぜかというと、コンパクトサイズを選ぶ人は、小さいサイズのスマホが欲しいだけであって、小さくなったからといって処理能力が落ちて欲しいとは全く思っていない人がほとんどだから。なので、それに見合ったチップセットの構成なのはあるべき姿。

4GB RAMは長い目でみると少なく感じるかもしれない。もちろん現状では何の問題もなく、ソフトウェアが素のアンドロイドに近いソニーのUIであればスムーズに動作するので心配はいらないと思う。でも本音を言えば6GB欲しかった。

容量64GB & micro SD

これは良い構成だと思う。ほとんどの人は64GBで十分だと思うし、micro SDカードが挿せるので、メディア関連はすべてこっちへ移動させれば理想といえる。

前機種のXZ1コンパクトは32GBだったので64GBアップしたのは良いと思う。64GBで足りない人は簡単にmicro SDを使って容量を増やせるので、誰にも文句は言わせない構成といえる。

もちろん内蔵メモリーを128GB、256GBと増やせることは簡単だけれど、その分価格は無駄に高くなる。それよりもSDを挿せる方がよっぽど自由度が高く、更に便利なので、この構成で間違いない。

デザイン性:背面ガラスは採用されず

XZ2との大きな違いは背面であろう。XZ2コンパクトはポリカーボネート(プラスチック製)の背面カバーなので「安っぽい」のは否定できない。ただし、私はあまりデザインには細かく追求していないので、気に入るか気に入らないかは個人の好みによると思っている。

特に、ほとんどの日本人はスマホ・カバーをつけて使用するので背面のデザインは大して重要ではないとさへも思う。

XZ2にはあってXZ2コンパクトにはないもの

ワイヤレス充電

XZ2はワイヤレス充電に対応している、しかもQi規格の急速バージョンにも対応している程。しかしながら、コンパクトはワイヤレス充電にさへ対応していない

たしかに、ワイヤレス充電がなくても問題ない場合はほとんどなのは承知している。けれど、今後スターバックスなどでワイヤレス充電スタンドが急速に増えていくと思うので、「無いよりかは有った方が良い」機能といえる。

ダイナミック・バイブレーション

これはXZ2に採用された、音に合わせてディスプレイが震えるというオプション機能。これにより臨場感を味わえる“らしい”。が、この機能はコンパクトには搭載されていない。おそらくスペースの都合だと思う。

最大の汚点:イヤホン・ジャックの廃止

最後に昨日と同じ内容を。なぜなんだソニー。。。なぜだ。なぜ廃止する必要がある?ライバルのサムスンはS9にジャックを残しているではないか。コンパクトとは言いつつも“ずんぐりむっくり”デザインにイヤホン・ジャックのスペースはなかったのか?

ソニーはイヤホンの音質にこだわった会社ではなかったのか。。。今まで散々“ハイレゾ!!ハイレゾ!!”っと豪語していたのに。なんなんだこの掌返しは。USB-C用のイヤホンもろくに揃っていない人がほとんどなのに(私の勝手な想像)。

なんて悲しい。っと私は思っている。もちろん、ワイヤレス・イヤホンを否定している訳ではないけれど、イヤホン・ジャックに関しては「無いよりかは有った方がいい」っという持論なので、私はとても残念でならない。

 

以上。MWCで続々とおもしろいスマホが出ているので明日はまた何かピックアップしたいと思っております。それでは。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019年は中古スマホが熱い!!:アベレージユーザーにこそ 型落ち (旧)フラッ…
  2. シニア世代こそ 「 iPhone 」を使うべき:「 らくらくホン 」は全然オスス…

関連記事

  1. OPPO 発表

    Oppo R15 Pro 公式発表:日本での発売に期待するが、妥協面を気にせずにはいられない

    本日のピックアップは「Oppo R15 Pro についての印象」につい…

  2. Huawei 発表

    「 Honor View 20 発表 」スペックはハイエンド機に近づいたが、コスパは悪化か!?

    「Honor View 20」の発表後の感想をまとめたいと思う。もうす…

  3. Huawei 発表

    Huawei P20 Pro 発表:早くもイチオシのスマホか?世界初トリプル・レンズ搭載

    本日のピックアップは「Huawei P20 Pro 公式発表」にフォー…

  4. LG 発表

    LG V30 発表: 要所を締める優秀なファブレット

    LG V30は日本で発売されるかは未定かつ、今までVシリーズが日本で公…

最近の記事

特集記事

  1. ベスト・スマホ:2017年下半期 〜 2018年上半期のスマ…
  2. 3.5万円以下(2018年6月)で買えるコスパ最高の新品スマ…
  3. 必読:私が行っているアンドロイド・スマホ用 セキュリティ対策…
  4. ベスト・スマホ 2017:カテゴリー別に最良のスマホを選出
  1. Samsung Galaxy 発表

    サムスン ギャラクシー Note 9 発表:弱点である「指紋認証の位置・バッテリ…
  2. うわさ

    HTC U12についての噂やリークについて:気になるデュアルレンズの構成
  3. Apple iPhone VS

    iPhone 7 か iPhone 8で迷っている人へ: 今こそ7を買うべき理由…
  4. LG

    LG V30+ レビュー:ファブレットのオールラウンダーが日本進出
  5. OnePlus

    OnePlus 6 レビュー:格安ハイスペックの終わり、しかしそれでもコストパフ…
PAGE TOP