SONY Xperia 発表

ソニー Xperia XZ3 発表:アンドロイド・パイ 9.0、有機ELディスプレイを採用し、ベゼルレス化(80.5% スクリーン対ボディ比)、しかし不安な点も

ソニー Xperia XZ3が発表された。XZ2の後継機にあたり、XZ2が2月末に発表されてからたった半年しか経っていないため、マイナーなアップグレードといわれているが、個人的には半年しか経っていない割には「そこそこのアップグレード」が施されたと思っている。

アイキャッチ画像、記事内画像はソニーモバイル公式サイトよりスクリーンキャプチャ:https://www.sonymobile.com/global-en/products/phones/xperia-xz3/

主なスペック & 価格

チップ スナップドラゴン845
RAM 4 GB
容量 64 GB
(micro SD可)
画面 P-OLED 6.0インチ
解像度: QHD+
2880 x 1440 (537ppi)
18:9 (アスペクト比)
80.5% (スクリーン対ボディ比)
カメラ 背面:
メイン 1900万画素 F2.0
電子式手ぶれ補正(EIS)
4K 30FPS
1080P 30FPS + EIS
1080P 960FPS
インカメラ:1300万画素 F1.9
バッテリー 3300 mAh
OS パイ9.0
その他 micro SD対応
ワイヤレス充電
防塵防水:IP68
価格 800ユーロ
(約10.3万円)

 

 

公式動画

 

 

ディスプレイ

P-OLED (有機EL)に

まず、XZ3になり大きく変わったのは有機ELディスプレイを採用したこと。解像度もQHD+と前機種のXZ2のフルHD+からアップグレードしている。もちろん、HDRディスプレイに対応している。

OLEDに関してはソニーのテレビ部門・ブラビアのテクノロジーをXZ3に応用したそうである。その他、カーブ・ディスプレイを採用し、サイドがカーブしており、これはサムスンのギャラクシー・シリーズと非常によく似たデザインになっている。

おそらく、解像度はフルHD+に落とすことが可能だと思う。私のブログをフォローしてくれている人はご存知だとは思うが、私はスマホにQHD+もの解像度は不要だと思っており、バッテリーを長持ちさせるためにも解像度が下げられることができるかは重要である。

 

80.5% スクリーン対ボディ比

XZ3が80%の大台をクリアしたことに驚いている。なぜなら、XZ3はフロント・ステレオ・スピーカーを採用していることもあり、どうしてもベゼルが太くなってしまうため今まで数値が80%を超えたことがなかったため。

80.5%の数値はとても価値があると思う。

サイド・センス

 

上の動画を見てもらえればわかるけれど、カーブエッジ(両サイドの端)を活かし、2回タップすればショートカットとして「よく使うアプリ」が出てくる。

自分でアプリを配置することもできるし、AIが自動でよく使うアプリを配置することも可能なのだそう。一応、この機能を完全にOFFにすることもできる。

Always On Display

これは地味に重要な機能。常にスマホに時間や通知が表示されており、いちいちスマホをロック解除しなくても良いので、(スマホ中毒の私にとっては)この機能は本当に地味ながら役立つ。

 

OS

パイ9.0

このOSのアップデートの早さは本当に素晴らしいと思う。シンプルで純アンドロイドに近く、セキュリティ・パッチのアップデートもとても早いのでソニーのOSに対する姿勢は理想的だと思う。

 

処理能力

スナップドラゴン845 & 4GB RAM

納得がいかない人も多いのではないだろうか。2018年のフラッグシップに載せるチップはスナップドラゴン845は当然ではあるけれど、なぜRAMが4GBしかないのか

半年前のXZ2でさえも私は全く同じ考えであったけれど、今回もXZ3のRAM 4GBは長期間で使うことを考えると、後々パフォーマンスに不満が出てくるのではという不安がある。現時点で4GBでは問題ないのかもしれないが・・・

これは1年以上経ってからでないとわからないが、800ユーロ(約10.3万円)という価格を考えれば4GBはあまりにも少なすぎる。ここはかなりがっかりしている点。

私が度々2018年上半期コスパ最強と紹介しているXZ2(香港版)はなぜか6GB RAMいうこともあり、XZ3も香港版はRAMが6GBになるやもしれないので、この辺りは今後どうなっていくのか注意しておきたい。

 

 

バッテリー

3300mAh

6.0インチ、OLEDスクリーンを考慮すれば、決して少ないとは言わないが、十分満足できるほど多いとも感じない。ソニーのOSは軽いのでバッテリー消費がそれほど大きい訳ではないため、3300mAhでも問題はないと思うが、3500mAhくらいあれば理想的だったのかな、と感じている。

Qiワイヤレス充電

当然、ワイヤレス充電にも対応しているのでこの点を付け加えておきたい。

 

カメラ

メイン:1900万画素 F2.0

これはXZ2と全く同じ構成で、性能もほぼ同等だろうと言われている。XZ2のカメラ性能はトップクラスとまでは言えないまでも「かなり良好」な部類に入るので、XZ3もそれなりの性能だと予想している。

やっかみを言いたくはないのだが、1つ言いたいのはなぜ未だにF2.0という「決して明るいとはいえないレンズ」を使用しているのかという点である。

もちろんF値だけが全てではないのはわかっているけれど、未だにF値2.0台というのはいかがなものかと思わずにはいられない。

あと、シングル・レンズなのも気がかり。もちろん、シングル・レンズでもPixel 2のようなトップクラスのカメラ性能をほこるスマホがあるのは事実なので全否定する訳ではないけれど、なんとなくソニーのスマホは「ちぐはぐ」な感じが否めない。

 

スピーカー

フロント・ステレオ・スピーカーを採用している。フロント・スピーカーながらベゼルレス化をはかり、80.5%のスクリーン対ボディ比を実現したのはかなり素晴らしいと個人的に思っている。

 

その他

イヤホン・ジャックなし

XZ2、XZ2 Premiumに続くかたちとなっているが、批判はとても多い。正直なところイヤホンジャックは廃止にしても良い事は全くないので、とっとと復活させれば良いのにと思ってしまう。

イヤホン・ジャックの廃止の有無はソニー社内でかなりの紆余曲折を経て廃止になったのは私のブログでも取り上げたけれど、それが不評を招いたのだから、さっさと元に戻せば良いと単純に考えてはもらえないのだろうか。

micro SD、ワイヤレス充電、防塵防水IP65/68

この3点はしっかりと網羅しているので評価されるべき。

 

背面指紋認証の位置

これはXZ2のときにも書いたけれど、なぜこのナンセンスな位置に指紋認証を置いたのかが本当に理解できない。

おそらく、XZ2からの半年間ではデザインの変更ができなかったのでXZ3も同様のデザインになってしまったのだろうと推測しているけれど・・・

ダイナミック・バイブレーション

XZ2で紹介された機能だけれど、個人的に全く不要だと思っている機能。

 

 

価格

公式にはまだ発表されていないが、ヨーロッパでは800ユーロ(現レート:10万3000円)程度で発売されるそうである。おそらく、発売後は価格は下落していくだろうけれど、高いなと感じる。

 

 

まとめ

XZ2の発表から約半年がたち、半年しか経っていない割には「そこそこのアップグレード」が行われたと思う。

大きく変わったのはディスプレイで、P-OLEDというソニーのブラビアの技術を擁した有機ELディスプレイを導入し、ベゼルレス化も行い、80.5%というスクリーン対ボディ比を実現したのは素晴らしいと思う。

Always on displayも地味ながら高評価。あとはサイド・センスがどこまで有効活用できるかが気になるといえる。

OSのアップデートも非常に早く、すでにアンドロイド・パイ9.0を使用できるのは素晴らしい。

ただ、課題はRAMが4GBと、800ユーロもするにも関わらず、6GBもないのは本当に残念。その他、イヤホン・ジャックがない点、指紋認証の位置もイマイチな点など、XZ2から続く不満要素は全て改善されたとはいえない。

私が期待しているのはXZ2のように「価格暴落によるコスパ改善」が見られるかで、もしそうなればXZ3は面白い存在になるのではと予想しています。

関連記事

  1. Apple iPhone 発表

    iPhone 8 & 8Plus 発表: つまらない外観、凄まじい中身

    AppleがiPhone8、8Plus、そしてX(テン と読む)を発表…

  2. Huawei 発表

    Huawei P10 発表&感想

    Huawei (ファーウェイ)のフラッグシップ機 P10 (649ユー…

  3. OPPO 発表

    Oppo R15 Pro 公式発表:日本での発売に期待するが、妥協面を気にせずにはいられない

    本日のピックアップは「Oppo R15 Pro についての印象」につい…

  4. Google 発表

    グーグルからPixel (ピクセル) 3 & 3XL が発表:カメラ性能ナンバーワンとの呼…

    グーグル純正スマホ「Pixel 3」「Pixel 3XL」が発表された…

  5. SONY Xperia 発表

    ソニー Xperia XZ2 コンパクト 簡潔な感想:MWCにて発表

    本日のデイリーNewsのピックアップは「ソニー Xperia XZ2 …

最近の記事

特集記事

  1. ベスト・スマホ:2017年下半期 〜 2018年上半期のスマ…
  2. 3.5万円以下(2018年6月)で買えるコスパ最高の新品スマ…
  3. 必読:私が行っているアンドロイド・スマホ用 セキュリティ対策…
  4. ベスト・スマホ 2017:カテゴリー別に最良のスマホを選出
  1. ベスト・スマホ

    2017年 Simフリー・スマホ (ミッドレンジ)を買うならこの2択しかない
  2. Asus Zenfone 発表

    ZenFone4 発表: 人気機種 ZenFone3の後継機は“暗雲漂う?“
  3. デイリー News

    必読:私が行っているアンドロイド・スマホ用 セキュリティ対策 <今から全て無料で…
  4. LG 発表

    LG V30 発表: 要所を締める優秀なファブレット
  5. Asus Zenfone 発表

    ASUS ZenFone 5 & 5Z 発表 in MWC: ちょっと…
PAGE TOP