Huawei

Huawei (ファーウェイ) P10 Lite まさにお手本のようなミッドレンジ・スマホ

ミッドレンジ・スマホの雄、Huawei (ファーウェイ) P10 Liteの感想を。

 

公式サイトよりスクリーンショット: https://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/P10LITE-JP/index.htm

単刀直入な感想

Huaweiジャパンの価格設定と性能のバランスは本当にうまい。もう少し具体的にいうと、機種の性能の割に、値段がそれよりも安く感じる。ミッドレンジ・スマホは性能と価格をすり合わせるのが意外に難しい。そのお手本といえるのがP10 Liteといえる。Kirin 658のチップセット、3GBのRAM5.2インチ フルHDディスプレイ容量32GB (micro SD可)バッテリー3000mAhそこそこ性能の良いカメラ。それが、2万8000円 (価格コムより)で買えるのだから。ライト・ユーザーにとっては購入候補の一つに入れるべきでしょう。では詳しくみてまいりましょう。

主なスペック表

画面サイズ 5.2インチ LCD IPS液晶(1920×1080)フルHD 424 ppi
チップセット Kirin 658
RAM(メモリ) 3 GB
容量 32 GB 外付けmicro SD可 (128GBまで)
カメラ 背面1200万画素 F2.2  EIS(電子式手ぶれ補正)

インカメラ 800万画素

バッテリー 3000 mAh

参照元: https://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/tech-specs/p10lite-jp.htm

良い点

ミッドレンジ・スマホには必要十分なパフォーマンス

Kirin658のチップセット、3GBのRAMは2017年のミドルレンジとしてはうまくバランスが取れている2万8千円の端末であれば、これ以上望むのは厳しいだろう。

Kirin658は基本的にどれくらいの性能があるかというと、Antutuなどのベンチマークで比較すると、Nexus 5XやギャラクシーS4くらいの性能があるので2〜3年前のフラッグシップ機に匹敵する程のパフォーマンスが望めるといえる。RAMは3GBとミッドレンジとしては十分といえるので、タイムラグなどあまりなく、サクサク動いてくれる。

2Dゲームならば、なんの問題もなくプレイできる。3Dゲームでフラッグシップ機並の高性能なグラフィックが必要なゲーム以外は普通にプレイできるのでライト・ユーザーなら何の心配もいらないレベル。3Dゲームしたい人は、ケチらず素直にスナップドラゴン835搭載のフラッグシップ機を買うか、P10を購入するべき。ちなみにP10のチップセットであるKirin 960の性能はP10 Liteの2倍。。。やはりモンスター級。

ちなみに、2017年のフラッグシップ機のRAMは4GBがスタンダードなので、それよりも1GB少ないだけといえる。たしか、2015年のフラッグシップ機は3GBが主流だったハズなので、2年ほど前のフラッグシップ機並の性能と考えてもらってよい。それが、3万円弱で買えるのだから文句はないはずといえる。

3000mAhバッテリー & 急速充電

5.2インチのフルHDのディスプレイで3000mAh、かつチップセットもKirin658を考慮すれば、十分すぎる程大容量と考えていい。スクリーン起動時間は5〜6時間は保つという情報もあるので1日どころか1日半は保つし、使い方によっては2日保つユーザーもいるだろう。

公式サイトよりスクリーンショット: https://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/P10LITE-JP/index.htm

P10 Liteは急速充電にも対応していて、公式サイトでは「30分で43%、97分で100%の充電」ができるそうで、実際に10%〜100%までの充電は一時間半かからない。ミッドレンジのスマホには充電が遅い機種が多い中、この急速充電は非常に優秀。素晴らしい。

このバッテリー持続時間と急速充電に関しては、フラッグシップ機並みに優秀といえる。バッテリー持続時間に関して言えば、フラッグシップ機よりも長時間使えるので、バッテリーに関しては100点といえる。

指紋認証センサー

旧モデルのP9 Lite同様、指紋認証は非常に優秀。認証ボタンの位置も背面の真ん中上にあり、個人的にはiPhoneなどのように前面下部にあるよりも、この位置がベスト、ギャラクシーS8の位置は最悪。性能もフラッグシップ機並に精度が高いので、指紋認証については言うことなし。2017年以降のミッドレンジ・スマホでは標準装備であるのが必然になるのでしょう。もし指紋認証のないミッドレンジ・スマホを買うのであれば、それは間違った選択であるといえる。

その他、良い点

公式サイトよりスクリーンショット: https://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/tech-specs/p10lite-jp.htm

カメラ性能もミッドレンジ・クラスにしては優秀な方屋外や明るい場所であれば十分にキレイな写真は撮れる。ただし、暗所ではまだまだフラッグシップ機に比べると劣ってしまうけれど、それは仕方がない。撮影時のオプションも充実しており、マニュアルで操作ができるプロモードや、スローモーション撮影パノラマタイムラプスまで用意されている、普通に合格点といえる。インカメラもセルフィーを撮るには最低限のパフォーマンスは約束できる。個人的にセルフィーを撮ることはないけれど。

32GBもの容量があるのは素晴らしいし、尚且つmicro SDカード(128GBまで)外付けできるので、容量で困ることはまずないといえる。本体容量が32GBあるとはいえ、10GBはすでにプリインストールされたアプリでうまっているので、20GB程しか残っていない。それでもライト・ユーザーならば十分な容量といえる。

OSはアンドロイド7.0 ヌガー。OSが今後、アップデートされていくのかは定かではないけれど、7.0は一応、現時点では納得のいくレベル。7.1.1の最新ではないものの、ヌガーの時点で十分。あと、地味に重要なのが、というか私の中では非常に重要なのが、アプリ・ドロワーを選択できる点 (アプリ・ドロワーについては下の写真を参考に)。これで、今まで通り、“普通のアンドロイドOS”と変わりなく使える。ここは本当に重要。

引用元: https://www.androidauthority.com/huawei-p10-lite-review-764800/

後は、ミッドレンジ・クラスでは十分過ぎるほどキレイなフルHD5.2インチ・ディスプレイWi-Fiがacまで対応、そしてメタルフレームにガラス加工されたデザインには全く安っぽさは感じない。やはりHuaweiのすごさが細かい点を見てもわかる

 

 

残念な点

正直なところ、3万円弱の端末でここまで十分な機能を備えているので、不満な点は少ない。強いていうなれば。。。

NFCがない

NFCを全く使うことのない私からすれば、あってもなくても構わないけれど、使う人にとっては重要なので、NFCが必要な人はこの端末は買ってはいけない。ということだけは記載しておきたい。

Bluetooth 4.1

できれば、4.2を搭載してほしかった。ただそれだけ。

まとめ

2017年上半期、3万円以下のスマホでHuawei P10よりも良いスマホは日本ではないのではなかろうか。チップセットKirin658のパフォーマンス、バッテリー&急速充電、指紋認証、フルHDディスプレイ、カメラ性能。どれをとってもこの価格では素晴らしい出来栄えといえる。フラッグシップ機を買う必要のないライト・ユーザーなら本当にこれで十分だといえる。

予算が3万円以下でスマホを探しているのであれば、P10 Lite (2万8千円)は必ず候補に入れるべき。もし旧モデルのP9 Lite (2万2千円)と迷っているのであれば、6千円をケチらず間違いなくP10 Liteを買うべき。理由を書くと長くなってしまうので、6千円以上の価値をP10 Liteはもたらしてくれるとだけ書いておきましょう。

やはりHuawei、よく市場を理解していますな。P10 Liteは自信をもっておすすめできるミッドレンジ・スマホといえる。

 

ミッドレンジ・スマホを買う際の注意点

ミッドレンジ・スマホのジレンマ

これは、P10 Liteのスマホに限らず全てのミッドレンジ・スマホに言えることだけれど、このクラスのスマホを買うときは本当に注意が必要。なぜなら、ライト・ユーザーしか買ってはいけないから。いうなれば、私のようなスマホ・オタクがこのクラスのスマホを買うと、「カメラが・・・(しょぼい)。」とか、「動画が・・・」とか、「アプリの起動が・・・」とか色々と不満を感じ安物買いの・・・っとなってしまう訳で。フラッグシップ機の性能を知っている人間がメイン機の代替として気軽に手をだしてはいけない。しかも、ミッドレンジ・スマホはその価値が下がるのが早く、プロダクト・ライフは短い、中古で売る場合も大した値はつかない。よって買ったら使い切るという具合。

つまるところ、私の両親世代 (60代)やスマホを多少使えれば良いという、本当のライト・ユーザーなら手を出しても構わない。そういう人たちならば、2年以上は十分に満足して使えると約束できる。若い世代なら、スマホを四六時中イジっている訳で、そういう人たちは、奮発してフラッグシップ機を買いましょう。そちらの方が最終的にはコスパがよろしいので。

関連記事

  1. Samsung Galaxy

    サムスン・ギャラクシーS9 & S9+ レビュー:予算がつくのなら迷わず買え!!

    サムスン・ギャラクシーS9 & S9+。2018年上半期に発売されるフ…

  2. Samsung Galaxy

    ギャラクシーNote8 レビュー:このスマホに死角など存在するのだろうか?

    ギャラクシーNoteシリーズはコアなファンが多い端末。昨年のNote7…

  3. LG

    LG G6 レビュー 最もコスパが良い2017年フラッグシップ機!!

    日本では公式販売しておりませんが、LG G6は注目するに値する端末なの…

  4. Motorola

    moto G5 Plus レビュー: これぞ本命ミッドレンジ・スマホの一角

    モトローラから出ているミッドレンジ・スマホ moto G5 Plusに…

  5. SONY Xperia

    ソニー Xperia XZ Premium その真価は如何に!!

    ソニー Xperia XZ Premium の感想を。&nbs…

最近の記事

特集記事

  1. ベスト・スマホ:2017年下半期 〜 2018年上半期のスマ…
  2. 3.5万円以下(2018年6月)で買えるコスパ最高の新品スマ…
  3. 必読:私が行っているアンドロイド・スマホ用 セキュリティ対策…
  4. ベスト・スマホ 2017:カテゴリー別に最良のスマホを選出
  1. Samsung Galaxy

    ギャラクシーNote8 レビュー:このスマホに死角など存在するのだろうか?
  2. デイリー News

    必読:私が行っているアンドロイド・スマホ用 セキュリティ対策 <今から全て無料で…
  3. OnePlus 発表

    OnePlus 6 発表:ハイスペック・格安スマホの代名詞、日本では公式販売され…
  4. うわさ

    ギャラクシーS9 & S9+ についての噂:公式発表は2月25日
  5. LG 発表

    LG V40 発表:カメラを5つ搭載 、特に背面の広角・標準・望遠の3カメラは間…
PAGE TOP