OnePlus

OnePlus 6 レビュー:格安ハイスペックの終わり、しかしそれでもコストパフォーマンスは良好

マニア層では非常に人気の高いフラッグシップ・スマホ「OnePlus 6 をレビュー」したい。

5Tの後継機にあたるOnePlus6。順当にアップグレードしているが、毎回新しい端末を発表する度に価格がアップしていく。もうこれは仕方のないことだろうと受け止めるしかないのだろう。

それではレビューへ。

 

アイキャッチ画像はOnePlus公式サイトよりスクリーンキャプチャ:https://www.oneplus.com/6

単刀直入な感想

OnePlus 6の総合的なパフォーマンスはようやく業界トップのアップル、グーグルPixel、そしてサムスンにこれまでにないほど近づいてきたといえる。

今回、カメラ性能に関しては年々、トップとの差が縮まっていると思う。暗所での撮影が徐々に良くなってきているし、動画の手ぶれ補正もOnePlus5、5Tあたりから格段に良くなっており、6でも非常に安定している。

昼間の屋外での写真であれば、ギャラクシーS9+やiPhone Xなどと比べてもほぼほぼ互角に戦えると思う。

処理能力は相変わらず最も評判が良く、「6/8GB RAM + スナップドラゴン845」を搭載しているので、全く問題になることはない。

Oxygen (オキシジェン)OSも快適で、大まかな変更はないし、その必要はない。バッテリーライフも優秀で、かつ「ダッシュ・チャージャー」と呼ばれる有名な急速充電のお陰で充電時間も非常に短く済む。

ディスプレイはフルHD+の有機ELパネル、イヤホン・ジャックも継続と今まで通りの良さを発揮している。

価格は約6万6〜8千円で、毎年のように上がっているけれど、総合的な性能をコスパで考えれば非常にバランスが良く、コスパ良好といえる。

残念な点は顕著で、スピーカーにはまだ力を入れておらず、モノラル・スピーカーで大したコトはなく、ワイヤレス充電は非対応、防塵防水のIP規格にも非対応

OnePlusはサブ・カメラをうまく使えておらず、苦戦しており、今回の6はボケ味を出すためだけのサブ・レンズとなっている。あと、オートフォーカスが迷う傾向がある。

相変わらず日本では公式販売されていないので、個人輸入になる。個人輸入については近年は非常に簡単で、日本語で対応してくれるので難しくはないのだが、故障した際や初期不良が起こった場合、めちゃめちゃめんどくさいというのはある。

それでは詳しく見てまいりましょう。

 

 

主なスペック & 価格 (アメリカ)

チップ スナップドラゴン845
RAM 6/8 GB
容量 64GB/128GB/256GB
画面 AMOLED 6.28インチ
解像度: フルHD+
2280 x 1080 (402ppi)
19:9 (アスペクト比)
83.8% (スクリーン対ボディ比)
カメラ 背面:メイン 1600万画素 F1.7
光学式手ぶれ補正(OIS)
電子式手ぶれ補正(EIS)
サブ 2000万画素 F1.7
インカメラ:1600万画素 F2.0
バッテリー 3300 mAh
OS オレオ8.1
その他 イヤホン・ジャック
防水防塵 IP規格非対応
ワイヤレス充電非対応
価格 公式価格 USドル
RAM6GB/64GB   → $529 (¥5万8千)
RAM8GB/128GB → $579 (¥6万3.3千)
RAM8GB/256GB → $629 (¥6万9千)

 

良い点

カメラ性能:トップクラスのPixel2、iPhone X、ギャラクシーS9+に近付きつつある

いつも通り、カメラの比較動画を見て頂いた方が早いので、どうぞ。今回は、iPhone X、S9+、そしてPixel 2との比較動画を選んだ。

OnePlus 6 vs iPhone X

 

OnePlus 6 vs S9+

 

OnePlus 6 vs Pixel 2

 

 

カメラ総評

OnePlus 6では暗所での画質が向上していたり、ダイナミックレンジの幅も広くなっており、カメラ・クオリティーはトップクラスである上記のスマホに肉薄している。

動画は4K60FPSになると、どうしても手ぶれ補正があまり効かない。これは比較されたスマホ(iPhone X、S9+、Pixel 2)にも当てはまるけれど、OnePlus 6ほどは劣化しない。

OnePlus 6の場合、フルHDの60FPS動画でも手ぶれがひどいので、動体の撮影には不利だといえる。

しかし、4K30FPS、フルHD30FPSの動画になると信じられないくらい手ぶれ補正が効く。これは電子式手ぶれ補正(EIS)によるもので、OnePlusのEISの性能は非常に優れている。

人によってはEISのためにクロップしすぎていると思う人もいるかもしれないが、私はこれだけの安定性を生み出すのであれば、それを犠牲にする価値はあると思う。

スローモーション撮影は流行りの960FPSには対応していない。しかし、240FPSのフルHD動画や480FPSの720P動画をを撮影できる。必要十分なカメラ性能といえる。

iPhone X、S9+、Pixel 2が8〜12万円することを考えれば、6.8万円のOnePlus 6のカメラ性能は非常に素晴らしいといえる。

 

Oxygen (オキシジェン) OS:アンドロイドOSの理想形

最新のオレオ8.1にアップデートされている。カスタマイズも豊富でありながら、シンプルなOSに徹しているのがオキシジェンOS。このブログでも何度も「アンドロイドOSの理想形」とか「あるべき姿」と書いている。

基本的には純粋なアンドロイドOSに近い使い心地でありながら、様々な便利な機能が付いており本当に使いやすい。しかも、とても軽いOSなので、長期で使っていてもずっとサクサク動く。

ノッチ・デザインを採用しているのでノッチ・デザインを目立たないようにする機能も用意している。

OnePlusはOSのアップデートが比較的早く、これも非常に好印象。アップデートも2バージョンくらいまでは対応してくれている。例えば、OnePlus 3(2016年)は現在、マシュマロ → ヌガー → オレオとアップデートが継続されている。

なので、OnePlus 6もオレオ → アンドロイドP → アンドロイドQ まではアップデートしてくれるだろうと思う。

 

 

価格:コストパフォーマンスのバランスは非常に良い

もう格安フラッグシップとは呼べないけれど、それでもコストパフォーマンスはまだまだ健在である。OnePlusは力を入れている分野とそうでない分野がはっきりしている。

そのため、他のフラッグシップよりも価格を抑えるコトに成功しているし、初代・OnePlus1を発表して以来、現在までこの戦略がうまくいっている。

個人輸入した場合の税込み価格(価格はイートレンエクスパンシスの執筆時6月27日の最安を参照)
*エクスパンシスは送料と消費税を計算に入れた総額を算出
*S9+はスナップドラゴン845版(G9650)
*iPhone Xはアップルの公式価格とじゃんぱらの未使用品の価格

 

機種 イートレン エクスパンシス
OnePlus6 6万7944円 6万8314円
XZ2 7万175円 7万3857円
S9+ 9万3968円 9万992円
P20 Pro 9万7477円 10万1336円
機種 アップル公式 じゃんぱら(未使用)
iPhone X 12万1824円  10万4980円

 

さすがに、アメリカでの公式価格 529ドル = 5万8250円 (執筆時レート)と比べるとイートレンエクスパンシスの価格の約6万8千円が高く感じる。

でも、実は個人輸入の価格はヨーロッパの公式価格とあまり変わらない。519ユーロ = 6万6440円 である。そう考えればイートレンやエクスパンシスの価格は非常に良心的と思う。

カメラ性能がほんの少し低い点とモノラル・スピーカー、ワイヤレス充電非対応、IP規格非対応、これらがマイナス要素ではあるけれど、それでもOnePlus 6の総合力を考えれば非常にコスパは良好といえる。

今年はソニーのXZ2が非常に安く売られており、これによりXZ2もコスパが高いスマホといえるけれど、XZ2よりも3千円弱安い。

ちなみにアマゾンの価格を見てみると64GBモデルが約7.5万円、128GBモデルが8.2万円する。これは、個人輸入するよりも高く、特に64GBモデルは高すぎるほど。アマゾンでの購入はおすすめできない。

 

エクスパンシス



バッテリーライフは優秀 (3300mAh)

画像はOnePlus公式サイトよりスクリーンキャプチャ:https://www.oneplus.com/6

過去OnePlus 5が超がつくほど優秀なバッテリーライフを発揮していた。5に比べると、5T、6は画面が大きくなったけれどバッテリー容量は3300mAhのまま、従来と変わりがないので、バッテリーライフは5ほど良くはない。

けれども、OnePlus 6は従来通り、省エネ設計で、おそらく軽いOSがバッテリー消費を軽減していることから、バッテリーライフは優秀である。アベレージ・ユーザーであれば1日は余裕でもつだろう。

バッテリー・ドレイン・テスト

 

 

順位 メーカー 時間
1位 P20 Pro 8時間30分以上
2位 OnePlus 5T 8時間25分
3位 OnePlus 6 8時間03分
4位 S9+ 7時間53分
5位 Pixel 2XL 7時間35分
最下位 iPhone X 6時間43分

 

この結果は“一応の目安”として考えてもらいたい。

 

ダッシュ・チャージャー(急速充電)

OnePlusの端末はダッシュ・チャージャーとよばれるOnePlus独自の急速充電に対応しており、充電時間がかなり短くて済む。ダッシュ・チャージャーの性能に不満をもつ人はまずいないだろう。

 

その他、良い点

イヤホン・ジャックの継続

フラッグシップ機でイヤホン・ジャックは希少な存在になりつつある。何度も書くが「無いより有ったほうが良い」モノ。

Alert Slider (アラート・スライダー)

画像はOnePlus公式サイトよりスクリーンキャプチャ:https://www.oneplus.com/6

これはiPhone の無音ボタンに似ている機能。

無音・バイブレーション・音アリ

この3つにすぐに設定できる。

 

処理能力: 6/8 GB RAM + スナップドラゴン845

これはOnePlusの十八番といえる点。上位モデルになると8GB RAMになるけれど、正直ここまでのRAMは全く必要がない。現状は6GBでさえも要らないと言われており、6GB RAMは2年後でも十分なRAMの量と思っている。

オキシジェンOSがとても軽いOSなので、長期で使用してもサクサク軽快に動くので、処理能力で心配する点は何一つない。

 

ディスプレイ:有機EL (AMOLED) フルHD+

これも従来通りのスペック。解像度はフルHD+で、パネルは有機EL。特別優秀な画面ではないが、十分に高精細である。おそらく、パネルはサムスン製。

 

画像はOnePlus公式サイトよりスクリーンキャプチャ:https://www.oneplus.com/6

スクリーン対ボディ比:83.8%

これは素晴らしい数値といえる。もちろん、ノッチ・デザインを採用しているので、数値が向上するのもわかるが、実は最下部のベゼルがとても細いのである。これは特筆すべき点でもある。

 

残念な点と“まとめ”は 「次のページへ」

ページ:

1

2

関連記事

  1. OnePlus

    OnePlus 5 をレビューするついでに日本で購入するに値するのか考えてみる

    では早速OnePlus 5 (ワンプラス ファイブ)の感想を。といき…

  2. OnePlus

    OnePlus 5T レビュー: 価格と性能のバランスは最高ではあるものの・・・

    OnePlus 5が6月20日に発表されてから、たった5ヶ月後の11月…

  3. Huawei

    Huawei Mate 9 をレビュー!! 発売後8ヶ月経ったモンスターは健在か!?

    発売から約8ヶ月経ち、次期端末のMate10の噂がたつ頃にも関わらず、…

  4. Huawei

    Huawei(ファーウェイ) P20 Pro レビュー:トリプルレンズ・カメラの描写力は必見、バッテ…

    本格的にプレミアム・スマホを作り出したHuawei(ファーウェイ)。2…

  5. Huawei

    Honor 10 レビュー:日本での販売に期待、個人輸入の場合は5.2万円〜、現時点ではコスパ最強と…

    昨年のHonor9が日本では最終的に3.5万円以下で販売されるコトにな…

最近の記事

特集記事

  1. ベスト・スマホ:2017年下半期 〜 2018年上半期のスマ…
  2. 3.5万円以下(2018年6月)で買えるコスパ最高の新品スマ…
  3. 必読:私が行っているアンドロイド・スマホ用 セキュリティ対策…
  4. ベスト・スマホ 2017:カテゴリー別に最良のスマホを選出
  1. Samsung Galaxy VS

    Note8 か ギャラクシーS8+ で迷っているあなたへ
  2. うわさ

    OnePlus 6 のリーク情報:ノッチ・デザインの採用 と 発表・販売は5月中…
  3. LG 発表

    LG G6 発表 2017年アンドロイド戦線の幕開け
  4. デイリー News

    VIVO Apex 年内に製品化へ(公式):2018年中頃から量産化か
  5. Apple iPhone 発表

    iPhone XS、XS Max発表:A12 Bionicチップの革新性は素晴ら…
PAGE TOP