うわさ

LG G7 ThinQ:LG G7の正式名称が決定。公式発表は5月2日ニューヨーク、5月3日ソウルにて。

本日のピックアップはLG G6の後継機である「LG G7 ThinQのリーク情報」についての更新という形でデイリーNewsを書いていきたい。

LG G7 ThinQが発表されたのでそちらの記事をどうぞ

 

LG G7やG7 Neoという名前になると予想されていたけれど、「LG G7 ThinQ」というのが公式名称になるそうだ。ThinQの読み方は「シンキュー」と英語圏の人たちはそう発音している。正しい発音は知らないし、個人的にかなり面倒くさい名前になったと思っているけれど、まあ仕方がない。

ThinQという名称を使っている理由は、AI(人工知能)を搭載しているイメージを連想させたいという考えからだと思う。

アイキャッチ画像はAndroid Headlinesによりリークされた画像を引用:https://www.androidheadlines.com/2018/04/exclusive-official-lg-g7-thinq-render-all-available-colors-confirmed.html

公式発表は5月2日 in ニューヨーク と 5月3日 in ソウル

これは確定した情報と言われており、多くのソースがこう言っているので、そうなのでしょう。

あと3週間ほど先の話なので、これからより多くのリーク情報が出て来ると思う。私のブログでもあと1回くらいはフォローアップしてデイリーNewsで取り上げられればと思っている。

なぜニューヨークとソウル、2つの場所で発表を行うのかはわからないけれど、まあマーケティングの一貫として2会場で発表した方がアジア圏と北米圏とで手っ取り早くアピールできるからと考えたんでしょう。

カラーバリエーション(5色)

冒頭の写真を見ればわかるけれど再度載せます。

画像はAndroid Headlinesによりリークされた画像を引用:https://www.androidheadlines.com/2018/04/exclusive-official-lg-g7-thinq-render-all-available-colors-confirmed.html

ノッチ・デザインの採用

いわくつきのノッチ・デザインですが、LGも採用することがほぼ確実といわれている。ユーザーのフィードバックを大事にしているLGにしては少々驚きではある。なぜなら、ノッチ・デザインをひどく嫌う人が多く、特にマニア層はとにかくノッチ・デザインを「ダサい、ダサい」と酷評している。

個人的にはスクリーンを有効に使えるのでノッチ・デザインでも大した反感はもたないけれど、こういった意見は少数派だと思う。

反ノッチ・デザイン派へLGがとった配慮

一応、ノッチ・デザインの“両翼”部分を完全に真っ黒にして、ノッチ・デザインを封殺できる機能を備えるそう。これはユーザーの意見を反映するLGらしさと言える。

デュアルレンズ・カメラ (標準 + 超広角)

メイン:標準レンズ 1600万画素 F1.5 又は F1.6

リーク情報によってF1.5になるのかF1.6になるのか確定できないけれど、少なくともF1.6は約束できるだろう。なぜなら、V30シリーズがF1.6なのでそれ以下になるとは考えづらいから。

サブ:超広角レンズ 1300万画素 F値未定

LGといえば超広角レンズ。超広角レンズは非常に評判が良く、私を含めマニア層はこのレンズを推している人が多い。F値がどうなるのか、まだ情報が少ないのでなんとも言えない。なので今後のリーク情報を待ちましょう。

AI + Camera = AI Cam

AI Camというのを前面に押し出してくると言われている。これは今年のフラッグシップ機のトレンドとなるカメラの機能で、チップセットにAI機能が搭載されたことにより、AIが写真・動画撮影時により良い設定を自動で選択して撮影のサポートをしてくれる機能。

現時点で一番有名だと思われるのがHuaweiのフラッグシップ機であるMate10 ProやP20 Proで、AIが食べ物、果物、花、風景、人物、犬、猫・・・などなど様々な状況や条件を感知して最適な写真を撮れるよう学習し続けるというモノ。

これがLGでも積極的に導入されるということで、LGはこれにかなり力を入れてくるという情報がある。例えば、色味・コントラス(明暗)・彩度(Saturation)・条件(逆光など)をAIが検知してカメラの性能を向上させ、状況によっては標準レンズよりも超広角レンズで撮るようすすめてきたりするそうである。

スーパー・ピクセル・モード

これは暗所での撮影のパフォーマンス向上のための機能なのだそうで、これを使い、今までの4倍の明るさを実現できるという機能を備えてくるそう。

 

 

AI スイッチ

これはサムスンのBixby(ビックスビー)に近い音声アシスタントのような機能を持ったモノならしい。グーグル・アシスタントももちろん搭載されているので、うまく共存できるのか発表で期待しましょう。

LCD か 有機ELパネル(OLED)かはまだわからない

以前の記事でLGはG7に搭載するディスプレイについて、OLEDの採用を断念する可能性があると書いた。この情報に関しては今のところまだ進展はなく、実際にLCDになるのか、コストのかかるOLEDになるのかはまだわかっていない。

その他、予想されるスペック

チップ スナップドラゴン845
RAM 6 GB
容量 64GB + micro SD
その他 防塵・防水 IP 68
クアッド・DAC(イヤホン端子)

 

まとめ

LG G7については紆余曲折がありながらも、発表されるということで個人的には市場の競争がさらに激しくなるのでユーザーにとっては選択肢が増え良いことだと思っている。

ただし、5月の2日・3日に発表ということで、サムスン・ギャラクシーS9やHuawei P20シリーズに遅れをとっているのは事実で、ここで挽回するチャンスが残されているのかはわからないし、正直、LGを取り巻く状況は今後も厳しいと思っている。

けれども、LGのフラッグシップ機はマニア層からでも常に一定の良い評価を得ているので、今後も注目する企業だと思う。更なるリーク情報が出てくれば、ある時点でまたまとめたいと思う。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. シニア世代こそ 「 iPhone 」を使うべき:「 らくらくホン 」は全然オスス…
  2. 2019年は中古スマホが熱い!!:アベレージユーザーにこそ 型落ち (旧)フラッ…

関連記事

  1. スマホ・ニュース

    Xperia XZ2 & XZ2 コンパクト:イヤホン端子廃止の理由(公式)

    本日のピックアップは「ソニーXeria XZ2 & XZ2コン…

  2. スマホ・ニュース

    世界販売台数が下落・Huawei P20(P11)リーク画像

    本日のピックアップは「スマートフォンの世界販売台数、初めて対前年四半期…

  3. うわさ

    OnePlus 6 のうわさ (リーク画像あり):デザインはまたもやアップルをお手本か?

    本日のピックアップは「OnePlus 6のうわさ」それほどリーク情報が…

  4. スマホ・ニュース

    必読:私が行っているアンドロイド・スマホ用 セキュリティ対策 <今から全て無料でできます!!>

    本日は「アンドロイド・スマホのセキュリティ対策として私が実際に行ってい…

最近の記事

特集記事

  1. ベスト・スマホ:2017年下半期 〜 2018年上半期のスマ…
  2. 3.5万円以下(2018年6月)で買えるコスパ最高の新品スマ…
  3. 必読:私が行っているアンドロイド・スマホ用 セキュリティ対策…
  4. ベスト・スマホ 2017:カテゴリー別に最良のスマホを選出
  1. スマホ・ニュース

    iPhone XS、XS Max 充電に不具合の可能性が浮上:ライトニング・ケー…
  2. Huawei

    コスパ最強!? Huawei (ファーウェイ) P10 & P10 P…
  3. Samsung Galaxy 発表

    「 ギャラクシー S10E 発表 」:S10シリーズで圧倒的にコストパフォーマン…
  4. スマホ・ニュース

    必読:私が行っているアンドロイド・スマホ用 セキュリティ対策 <今から全て無料で…
  5. うわさ

    Huawei P11 (もしくはP20)のうわさ:発表はMWC開催中か
PAGE TOP