うわさ

Huawei P20 & P20 Pro リーク情報:公式発表は3月27日

さて本日のピックアップは「Huawei P20 と P20 Proのうわさ」について。P20 Proに関してはかなりのリーク情報が出回ってきている。意外にもP20についてのリークはかなり少ない。いずれにせよ、P20シリーズは3月27日にパリにて発表されるまで1週間を切っているので、それまでにP20についてのリークはもう少し出てくるのではと思っている。

P20 Liteに関しては現時点での情報で詳しくお知りになりたい方はこちらの記事をお読み下さい。→ Huawei P20、P20 Pro、P20 Liteのリーク情報:P20 Liteの予想スペック公開

P20 Liteはもうすでにポーランドの通信会社で予約が始まったりという情報もあり、発表前にも関わらず、予約ができてしまうという面白い展開になっております。

公式動画を見つけたので気になる方はどうぞ。お金の掛かり具合が半端じゃないと思っております。(アイキャッチ画像は下の動画からスクリーンキャプチャ)

 

P20 & P20 Pro スペックと価格 (現時点でのリーク情報を元に)

P20 P20 Pro
価格 679ユーロ (約8万9千円) 899ユーロ (約11万8千円)
SoC Kirin 970
RAM 4 GB 6 GB
ストレージ容量 128 GB
ディスプレイ 5.8 インチ 6.1 インチ
有機ELパネル
1080 x 2240 フルHD+
19:9 (アスペクト比)
ノッチ・デザイン 採用
バッテリー 3400mAh 4000mAh
カメラ 情報なし 4000万画素
800万画素 望遠レンズ
2000万画素 白黒センサー
5倍 ハイブリッド・ズーム機能
F値 1.6 – 2.4
インカメラ:2400万画素
OS Oreo 8.0 又は 8.1

現状で知る限りの情報を元に作成。上でも書いたけれど、P20 Proに関する情報は出てくるのだけれど、P20に関してはわからないことが多い

P20 Proはトリプル・レンズに!!

メイン:4000万画素
望遠 :800万画素
白黒 :2000万画素

まだ発表もしていないけれど、これだけリーク情報が出れば間違いないでしょう。3つもカメラ・レンズがあるので、その内訳が気になっていたけれど、私はこの構成を見て多少なりとも驚いている。

なぜかというと、P10やMate 10 Proは「カラーセンサー + 白黒センサー」で両レンズの焦点距離は同じであったので、P20もこの二つのセットは崩さないと思っていたから。それが今回は3つの内の1つが「望遠レンズ」ということで、これが意外かつ、個人的にはちょっと残念ではある。理由としては私はあまり望遠レンズを使うことがない。。。

それでも、白黒センサーのレンズは依然残してくれているので、カメラ好きでモノクローム写真や映像の画作りを楽しみたい人には、喜ばしいニュースかもしれない。

更に、4000万画素のセンサーを導入したことも驚いた。私の予想では、3つのカメラを使って「4000万画素と同じような効果」が搭載されるのではと予想していたから。それが、センサー自体が4000万画素ということで、どういった写真や動画が撮れるのかが気になる。

4000万画素 = 高画質 ではない!!

あまりカメラに興味のない人だと、「高画素 = 高画質」と思うのかもしれないけれど、必ずしもそうではないということをまず知って頂きたい。下は簡単な高画質のメリット・デメリットについて

メリット デメリット
・細部までキレイに描写
・トリミングやズームに利点
・4Kモニターでもキレイ
・暗所に弱くなる
・容量が増える

なぜ、こういったメリット・デメリットが起こるのかを論理的にお知りになりたい方は以下の記事をお読みください。

画素数とは?メリットデメリットを語る。高画素数カメラ=買いでは無いよという話
本当は怖い!高画素カメラのデメリットとは?

カメラというのは非常に面白いもので、高画素を謳うのが5年ほど前までの傾向であったけれど、最近は高画素=高画質という考え方が浸透してきたと思っていたので、Huaweiが4000万画素もするセンサーを導入するとは思ってもみなかった。4000万画素を超えるセンサーなんて、かつてNokiaがLumia 1020(2013年)に導入したのを最後に誰もこんな高画素のセンサーを導入しなかった。

暗所に高画質は不利

特に、スマホのような小さいセンサーでは、高画質であればあるほど暗所に不利であるといわれている。現在は明るい場所でも暗所でも幅の効く1200万画素〜1600万画素のスマホ・カメラが主流になった。

なので、今回P20 Proがいったいどのようにこのデメリットを克服してくるのかが気になっている。

5倍ハイブリッド・ズーム

ハイブリッド・ズームはMate9で登場した機能。9ではカラーセンサーと白黒センサーの両方を使うことによって、2倍ズームまでなら画像の劣化がかなり抑えられたままズームが可能で、光学ズームに近づけるという機能。それが、5倍まで可能になるという。

2400万画素のインカメラ

インカメラも高画素になる可能性が高い。これも背面のメインカメラ同様に「高画素=高画質ではない」のでレビュー動画などで検証しないとまだわからない。

F値1.6 〜 2.4

白黒センサー F1.6
望遠     F2.4
メイン(4000万画素) 不明

というのが私の予想。白黒センサーがなぜF1.6と予想したのかは、Mate10 Proに搭載している白黒センサーがF1.6なため。私の予想だと、P20の白黒センサーはMate10シリーズと同じセンサーを載せてくると思っている。

望遠はF2.4のレンズが多いため、単純な推測

メインのF値がどうなるのかが気になる。かつてNokiaが4100万画素というカメラを採用して以来の超高画素なので、こればかりは発表を待つしかないでしょう。ちなみにLumia 1020のF値は2.2。

以上が、私のP20 Proのトリプル・レンズに対する考えになる。カメラに関しては実際のレビュー動画などを検証してみない限り何とも答えられないので、これくらいにしておきましょう。

ベゼルレス・ノッチ・デザインを採用

P20は 5.8インチ、Proは 6.1インチ。Proのディスプレイ・サイズはなんとMate10 Pro(6.0インチ)よりも大きくなる。私のイメージではMateシリーズはファブレットという位置づけだったので、Pシリーズがそれを上回る大きさになるということで若干驚いている。

ノッチ・デザインは個人的にはスペースの無駄を最大限利用したデザインとして、多少なりとも肯定的に受け入れているが、マーケットではノッチ・デザインへの風当たりは悪い。なぜかダサいということでかなり評判が悪い。

にも関わらず、Huaweiはこれを採用。昨年のP10あたりからアップルのデザインを模倣した点が多かったので、実は個人的にはそこまで驚きはない。

処理能力はMate10 Proとほぼ同様

P20とP20 Proのチップセットの構成は「Kirin970+4〜6GB RAM」になるだろうと言われている。これはMate10 Proと同等なので処理能力には何の心配もいらない。

価格

P20 P20 Pro
価格 679ユーロ (約8万9千円) 899ユーロ (約11万8千円)

前機種であるP10は649ユーロだったのでそれよりも30ユーロもの値上がりとなる。これは結構な値上がりと感じている。

ヨーロッパのスマートフォン価格はアメリカや日本に比べるとかなり割高になるため、日本での販売価格がP20の約9万円、P20 Proの約12万円のようにiPhone X級に高額になることはないと思われる。

ちなみにMate10 Proがヨーロッパで発売されたばかりの価格は799ユーロということで、P20 Proはそれよりもさらに100ユーロも高い値段設定。これはかなり強気に出ているのではと感じずにはいられない。

ということで、前機種のP10ほどのコスパの良い端末と判断できるかは日本市場での販売価格がわかった時点でわかるので楽しみにしておきましょう。何度も書いておりますが、現時点での私が集めた情報をまとめていますので、未来から来た方、特に、発表後に来られた方はこの記事の情報が間違っているかもしれませんので。

関連記事

  1. うわさ

    HTC U12+ リーク情報:スペックについての詳細予想・発表は5月上旬か

    本日のピックアップは「HTC U12+のうわさについての更新情報」。…

  2. うわさ

    Huawei P20 リーク情報まとめ:公式発表は3月27日

    本日のピックアップは「Huawei P20のリーク情報のまとめ」。よう…

  3. デイリー News

    Xperia XZ2 & XZ2 コンパクト:イヤホン端子廃止の理由(公式)

    本日のピックアップは「ソニーXeria XZ2 & XZ2コン…

  4. デイリー News

    アップル廉価版のうわさ・Xperia XZ2 欧州デビュー価格・LG V30S ThinQ 韓国での…

    本日のピックアップは「Apple製品が低価格化するかもしれないという噂…

  5. うわさ

    HTC 2018年フラッグシップ機はU12+のみの発表か:リーク情報はU12は取り止めの可能性

    本日のピックアップは「HTCのフラッグシップはU12を見送り、U12+…

最近の記事

特集記事

  1. ベスト・スマホ:2017年下半期 〜 2018年上半期のスマ…
  2. 3.5万円以下(2018年6月)で買えるコスパ最高の新品スマ…
  3. 必読:私が行っているアンドロイド・スマホ用 セキュリティ対策…
  4. ベスト・スマホ 2017:カテゴリー別に最良のスマホを選出
  1. SONY Xperia 発表

    ソニー Xperia XZ2 簡潔な感想:MWCにて発表
  2. デイリー News

    iPhone XS、XS Max 充電に不具合の可能性が浮上:ライトニング・ケー…
  3. デイリー News

    世界販売台数が下落・Huawei P20(P11)リーク画像
  4. Huawei

    ファーウェイ Mate 10 Pro 長期レビュー:バッテリー重視の方には間違い…
  5. デイリー News

    Xiaomi (シャオミー) のスマホ内広告が問題に:特にインド市場向けのスマホ…
PAGE TOP