うわさ

LG G7 (Neo) リーク情報について:4月発表か!?

LG G7 ThinQが発表されたのでそちらの記事をどうぞ

 

本日のピックアップは「LG G7のうわさ」について。LG G7は今年のフラッグシップ機の中では一番ややこしいスマホといえるかもしれない。先行き不透明なG7のリーク情報とそれに対する私の意見を書いていきたいと思う。

アイキャッチは下のリーク動画からスクリーンキャプチャしております

LG G7 のリーク情報:現時点で知る限り

まずはリーク動画をどうぞ。

 

二転三転するGシリーズ

LGのトップであるJo Seong-Jin (ジョ・ソンジン:漢字を探したのですが見つからなかった)がLGのモバイル部門の販売低迷により、2018年のスマートフォンの戦略として、2017年までのような、春にGシリーズ、秋にVシリーズを投入するという戦略を見直すという旨の発言があった。

特にGシリーズはキャンセルになってしまうのではという憶測があり、マニア層でもかなり議論になっている話題である。大方のマニア層は「Gシリーズは廃止されてしまう」というイメージをもっていたし、私も「Gシリーズやめてしまうのか。もったいな〜。せっかくここまでGシリーズのブランドを高めてきたのに。」と感じていた。

それが、ここにきて、LGはG7を発表するのではというリーク情報がスマホ界隈で賑わっている。

実は名称が決まっていない

まず、G7という名前になるのかさへもわかっていない。Gシリーズは長年G3、G4、G5、G6とシンプルな名称で呼ばれてきた。個人的に「誰にでもわかりやすい名前」という感覚があり、このままの流れで名称の変更は不要ではと思っているのだけれど、今年のLGのフラッグシップ機は名前が変わるのかもしれない。

つい先日、バルセロナで開かれたスマホの世界的見本市“モバイル・ワールド・コングレス”で、V30S ThinQという昨年のV30の進化版を出したけれど、「お世辞にも良いネーミングとは思えない」。今回もGシリーズの名前を下手に変えないほうが良いと思うのは私だけではないと思う。

一応、G7 Neo というのを目にしたけれど、それならG7で良いのでは?と思っている。そもそも名称が変わったからといっても、中身の性能と価格が重要であるので、そこまで気にする人は少ないと思っている。

4月末 or 5月 に発表という噂

上のリーク動画よりスクリーンキャプチャを利用し引用

リーク情報をまとめると、4月末か5月頭にG7の発表があるのではという話が多く見られる。正直、かなり遅い時期の発表と思っている。こんな遅くに発表しその後販売しても、価格を安めに設定しない限り、また売上に悪影響がでるのではと思っている。

発表&発売 が遅くなることについての私の考え

企業は違うけれど、これは昨年HTC U11の発表が「遅すぎだ」と批判したときと同じで、最新のフラッグシップ機をライバル企業と同時期に販売しなければ、スタートで出遅れている分、ライバルたちよりも販売台数が低迷する可能性が非常に高いと思っている。

LG G7が発表&販売される頃には、サムスンのギャラクシーS9やS9+を手にしている人もすでに多いことだろう。なぜならギャラクシーS9は本日3月16日から発売が開始されるのである。(国によって発売開始日は違う)。S9と比較されることもなく、ライバル不在の中S9を購入する人も多いハズだ。

サムスンだけでなくHuaweiは3月27日にフラッグシップ機であるPシリーズを発表するし、4月末ということは他の企業も続々発表が済んでいる時期であろう。こうなると出遅れを挽回するには安く売り出すしか販売を増やせないのではとしか考えられない。

その他、基本的にアンドロイドのフラッグシップ機というのは中身の処理能力はすべての企業がほぼ同等で、大して変わらない。2018年のフラッグシップ機だと

「スナップドラゴン845 + 4/6/8 GB RAM + 64/128/256 GB ストレージ容量」

という具合に収まる。どうせ同じ性能の処理能力であるのならば、早く出した方が良いにきまっている。なぜなら来年になれば、また新しいチップセットが開発されるので、現在最高峰のスナップドラゴン845も来年になってしまえば“昨年のチップ”という扱いになるからだ。つまり“チップセットには鮮度”があるのだ。と私はそう考えている。

予想されるスペック

SoC スナップドラゴン845
RAM 6〜8 GB
ストレージ容量 64/128/256 GB
カメラ メイン:1600万画素

サブ :1200 〜 1600万画素 超広角

ディスプレイ 5.8〜6.0 OLED (19.5:9) 解像度 2560 x 1440
バッテリー 3000mAh

 

価格はG6よりも上がる

これには納得がいく。なぜかというと、前機種のG6は2017年のフラッグシップ機でありながら、プロセッサーであるSoCはスナップドラゴン821というものを使用しており、これは2016年のSoCなので、その分値段を安く設定することが可能であった。

今回のG7は2018年のSoCであるスナップドラゴン845と搭載すると思うので、G6よりも価格が上昇するのはやむを得ないといえる。

リーク情報などでは10万ウォン程 (約1万円)ほど値上がりするのではといわれている。この価格上昇は理解できる。

ノッチ・デザインの採用か

上のリーク動画よりスクリーンキャプチャを使用し引用

LGまでもがiPhone Xのデザインを参考にするのか。っと残念に思ってしまう。私の中での勝手なイメージで申し訳ないが、LGというのは“ユーザー目線でありながらも独自のユニークな路線をたどる”企業というイメージが強かったからだ。

例えば、デザイン性が不評ではあったものの、ユーザーの意見を重視し、バッテリー交換式・デザインを2016年のフラッグシップ機であるG5、V20まで可能にしていた。

それだけでなく、たしかLG G2?であったと思うけれど、指紋認証ボタンを突然“背面に配置”、当時は結構な批判も多かったと記憶しているけれど、今となっては背面指紋認証は最も理想的なボタン配置とさへいわれている。

他にも、カメラについてはいち早くデュアルレンズを採用し、しかも「標準レンズ + 超広角」という独自の分野を切り開いた

LGはユーザーの意見に耳を傾け、ユーザーを尊重する企業であるとと共に独自性をも貫いてきたユニークな面も持ち合わせた企業であると私は認識している。長年、スマホ・ニュースを追っているマニア層もこれには異論はないハズだと思う。それが、今回ノッチ・デザインを採用するのではという噂がでるのは正直驚いた。そしてリーク写真や動画にはノッチ・デザインが採用されているように見える。

個人的にはノッチ・デザインは気にならないタイプで、むしろ画面を有効に、最大限利用できるのであればそれはそれでありがたいと思っている。けれどこのノッチ・デザインを嫌う人はかなり多い

ユーザーに不評なノッチ・デザインをLGが採用するのではという噂やリーク情報が出て来るのだから私は非常に驚いた。

まとめ

以上が、私が今知る限りのLG G7に関する噂になるのだけれど、今のところG7が本当に発表されるかどうなるのかはわからない。恐らく、発表 & 販売はされるのだろうと予想はしているのだけれど、こんな風に「迷い」が生じて良いのだろうかと思っている。

なぜかというと、世界のスマートフォン市場のシェア争いというのは非常に熾烈で一瞬の隙もライバル企業たちは見逃さない世界だと思っている。もし、LGがG7を発表しない、又は発表が遅れるというのであれば、サムスン、Huawei、アップル、などはその状況を喜んでいるであろう。

確かに、LGの販売不振を改善するのは容易ではないだろうけれど、LGのスマホ自体は「マニア層では一定の評価」を常に得ている。しょっちゅう「the most underrated smartphone (最も過小評価されているスマホ)」と言われているのだ。

エンジニア達は決して“落ちぶれた商品を作っていない”ということを考えれば、販売面に問題があるとしか考えられない。今後、LGのGシリーズがどうなっていくのか注目していきたいと思う。

関連記事

  1. デイリー News

    OnePlus 5T 予想以上の販売好調により、北米で完売!!

    本日のピックアップは「OnePlus 5T 売れ行き好調で北米マーケッ…

  2. うわさ

    Google Pixel 2 & Pixel 2 XL の噂ついて : 発表は10月4日(…

    Goolgeのスマホ、Pixel (ピクセル) 2 と Pixel 2…

  3. デイリー News

    Xperia XZ2 & XZ2 コンパクト:イヤホン端子廃止の理由(公式)

    本日のピックアップは「ソニーXeria XZ2 & XZ2コン…

  4. デイリー News

    iPhone SE2 & Xperia XZ2 コンパクトのうわさ + Pixel 2 発…

    今日から私が気になるデイリーNews書いていこうと思っております。本日…

  5. デイリー News

    VIVO Apex 年内に製品化へ(公式):2018年中頃から量産化か

    本日のピックアップは「VIVO Apexが年内に製造開始予定」とそれに…

最近の記事

特集記事

  1. ベスト・スマホ:2017年下半期 〜 2018年上半期のスマ…
  2. 3.5万円以下(2018年6月)で買えるコスパ最高の新品スマ…
  3. 必読:私が行っているアンドロイド・スマホ用 セキュリティ対策…
  4. ベスト・スマホ 2017:カテゴリー別に最良のスマホを選出
  1. Huawei

    Huawei(ファーウェイ) P20 Pro レビュー:トリプルレンズ・カメラの…
  2. Samsung Galaxy VS

    比較対決【ギャラクシー Note 9 vs S9+ 】:8つのカテゴリー別で総合…
  3. うわさ

    OnePlus 6 のうわさ (リーク画像あり):デザインはまたもやアップルをお…
  4. LG

    LG V30+ レビュー:ファブレットのオールラウンダーが日本進出
  5. Apple iPhone VS

    iPhone 7 か iPhone 8で迷っている人へ: 今こそ7を買うべき理由…
PAGE TOP